システム開発

研究用データ入力UIの設計

クライアント 国立研究開発法人
課題と背景

 

研究用データベースシステムの入力支援、UI設計を担当。

 

クライアントでは長年利用されてきた大規模なデータベースシステムのリプレイスのタイミングで、AI/機械学習によるデータの活用を考えた新システムへの移行を検討していました。

 

機械学習利用のためにはデータのアノテーションが必要ですが、そのアノテーション業務をいかに効率的に実現して、スムーズにデータ活用の出口まで連携するシステムを実現するかが課題でした。この設計の検討に当社がかかわりました。

取り組みと価値

UIプロトタイプ設計には、ワークフローの分析、機械学習の効率化を見据えた業務分析と技術調査を行いました。

技術調査に際しては、アノテーション業務の実施ユーザーへのインタビュー、利用環境の確認、実際のデータの確認、データフォーマットの調査等を行い、モダンブラウザの機能を駆使しながら、利便性の高いUIプロトタイプの設計を実現しました。

利用技術

モダンブラウザ機能(HTML5機能)、CSS、JS等