点群/3D

3次元点群処理

クライアント 自社R&D
課題と背景

 

リアルワールドの3次元データ活用が広がっています。

 

特に、UAV(無人航空機)写真測量、地上レーザスキャナ等による3次元測量によって得られた点群データはBIM/CIM(Buiding Information ManagementやConstruction Information Management)をはじめ建設業界や建設コンサルタント業界等で利用用途・範囲が広がっています。
3次元点群データの分野は活発な研究開発分野ですが、その利用については、多くの課題があります。当社では、AIやIT活用、建設DXのとりくみを一層進めるために、研究開発と処理の実装を推進しています。

取り組みと価値

自社研究開発の一貫で点群処理の自動化を実現。
さらなる顧客満足度の向上を目的に、下記内容のR&Dを実施しています。

  • ・AIを用いた点群の分類化処理
  • ・点群処理の自動化(位置合わせ、ノイズ除去等)
  • ・点群から3次元モデル化(サーフェス推定、エッジ抽出)
  • ・点群の精度検証(レーザー点群/写真点群比較)

利用技術

Python、Open 3D等