04
NEWS

[ 2016.01.04 ]

2016年もよろしくお願い致します。
昨年は、弊社の第二創業から1年半が過ぎ、IT、モバイル、広告、ライフサイエンスドメインにおいて、企業だけでなく大学や独立研究法人等、研究機関からもお話をいただき、関わらせていただくことができました。
一般的な企業のライフサイクルや制度、体制と、先端のテクノロジーには大きなギャップがあり、インパクトの大きな事業を実現するには、事業デザインとそのマネージメント機能が欠けているということです。ここは、まさに私達アーリーリフレクションのチームが提供でき、他社に無い強みでもあります。

アーリーリフレクションは、社名が示す通り「はじめの反響」となり、皆様の事業を「カタチにする」「カクダイする」ことを実現していきます。
皆様の事業を素早く実現していくチームとして、2016年は私達自身も素早く大きく進んでいく所存です。

PAGE TOP
PAGE TOP